マイクロセーフパワーヒーター,1115円,/Ammonea871418.html,ペット・ペットグッズ , 熱帯魚・アクアリウム , 水槽・アクアリウム , 保温・保冷器具 , オートヒーター,エヴァリス,【サーモスタット接続用ヒーター】,www.kitchenchapters.com,CVL200 1115円 【サーモスタット接続用ヒーター】 エヴァリス マイクロセーフパワーヒーター CVL200 ペット・ペットグッズ 熱帯魚・アクアリウム 水槽・アクアリウム 保温・保冷器具 オートヒーター マイクロセーフパワーヒーター,1115円,/Ammonea871418.html,ペット・ペットグッズ , 熱帯魚・アクアリウム , 水槽・アクアリウム , 保温・保冷器具 , オートヒーター,エヴァリス,【サーモスタット接続用ヒーター】,www.kitchenchapters.com,CVL200 サーモスタット接続用ヒーター エヴァリス マイクロセーフパワーヒーター CVL200 定番 サーモスタット接続用ヒーター エヴァリス マイクロセーフパワーヒーター CVL200 定番 1115円 【サーモスタット接続用ヒーター】 エヴァリス マイクロセーフパワーヒーター CVL200 ペット・ペットグッズ 熱帯魚・アクアリウム 水槽・アクアリウム 保温・保冷器具 オートヒーター

サーモスタット接続用ヒーター エヴァリス マイクロセーフパワーヒーター CVL200 定番 【おまけ付】

【サーモスタット接続用ヒーター】 エヴァリス マイクロセーフパワーヒーター CVL200

1115円

【サーモスタット接続用ヒーター】 エヴァリス マイクロセーフパワーヒーター CVL200




商品説明
■エヴァリス マイクロセーフ パワーヒーター CVL200

サーモスタットに接続して使用する、交換用のヒーターです。
※サーモスタット(別売り)への接続が必要です。単体ではご使用いただけません。

【特長】
●単体の鑑賞魚用ヒーターです。
●電源のON/OFFを通電ランプで表示するので、作動を簡単に確認できます。
●緊急時の空焚きを防止する温度ヒューズ内蔵です。
●発火しない自己消火性樹脂カバーを装着しており、万一の事態にも万全です。
●飼育魚に無害なゴム(樹脂)を使用しています。

【仕様】
 品名 マイクロセーフ・パワーヒーターCV#8556;200
 定格消費電力 200W
 定格電圧 AC100V 50Hz/60Hz
 水槽飼育水量 約40~100L 以下
 適合水槽サイズ 75cm以下水槽
 ヒーターカバー装着サイズ:W38×H195×D27mm

【サーモスタット接続用ヒーター】 エヴァリス マイクロセーフパワーヒーター CVL200

アイレーヴ ドリームラッシュセラム(ブラシ)EYE REVE

お知らせ

すべて 患者さん 学生・研修 医療関係者
一覧を見る

教室の紹介

当教室では、角膜、緑内障、網膜硝子体、視機能、眼窩眼形成の5つのグループが軸となり、ドライアイ、アレルギー、円錐・コンタクト、ぶどう膜、神経眼科、ロービジョン、SJS(Stevens-Johnson症候群)といった多岐にわたる専門外来を構築してきました。最良の医療を患者に提供するには、良好な信頼関係にある医療チームであることが必須です。互いの尊敬と信頼に基づく安定した関係を基盤に、これらの専門外来をさらに充実させ、関連病院も含めた教室全体で最良の医療を実施していく所存です。

最良の医療をめざすと、さまざまな新規治療に取り組むことになります。新規治療を臨床研究あるいは臨床試験として実施し、患者様へ安全に届けることに関わりたいと考えます。また、コメディカルとも連携して、信頼される医療グループであることを目指します。

詳細を見る

患者さんへ

われわれ府立医大眼科専門医グループは、目の病気で困っている多くの方々に、高いレベルの診療とケアが提供出来るように日々努力をしています。白内障はもとより難治な目の病気については、角膜、緑内障、網膜・硝子体、視機能、眼形成という5つの専門グループが一致協力して治療に当たり、最高の治療を提供できる体制を整えています。

目でお困りの方々に信頼される「府立医大眼科」。
我々はこれを目指しています。

詳細

研修希望者の方へ

当教室では「眼科研修プログラム施行施設」として、次に述べる研修プログラムを実施しています。 1年間の研修後は関連病院に赴任し、白内障をはじめとする様々な手術技術を獲得するとともに、日常診療から高度な医療まで担うことのできる優れた眼科医を育成しています。

2022年度 京都府立医科大学眼科学教室入局募集

医療関係者の方へ

我々の京都府立医科大学医学部眼科学教室は、学部教育として「眼科学教室」、大学院教育と研究機関として「視覚機能再生外科学」という名称を持っています。 障害された視覚機能を新しい治療方法で再生し、可能であれば、その方法が再生外科的でありたいというコンセプトを表しています。 我々の教室は、サブディビジョンとして5つの診療・研究グループを作っています。角膜、緑内障、網膜・硝子体、視機能、そして眼形成です。

関連組織・病院